スマホからの閲覧が確かに多い現実に「レスポンシブWebデザイン」採用する他ないですよね(笑)

By YDO, 2015年3月24日


普段、Googleアドワーズやサイトのアクセス解析をしていると必ず確認する作業のひとつに「デバイス調査」があります。一昔前までは別に確認しなくてもいいか、って感じだったと思いますがこれだけスマホが普及してくるとちゃんとチェックしておかないと費用対効果に影響してきてしまいますので最近ではめっきり注目するポイントになっています。

各著名人の方のサイトを見ていてもわかりますが、最近は「レスポンシブWebデザイン」を採用されているサイトが多いですね♪「レスポンシブWebデザイン」ってなんなんだ?という方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うとデバイス(PC,スマホ、タブレット)に合わせて自動的に各種レイアウト(サイズ等)を変換するというものです。この「レスポンシブWebデザイン」ですが設定は大変な割に案外ユーザーに気付いてもらえない縁の下の力持ち的な存在だったりします(笑)

今でもまだまだ「レスポンシブWebデザイン」を採用していないサイトはたくさんありますが、これは用途によりけりな部分が多いからだと思います。Webショップなどを利用する際にスマホでPC版のみのレイアウトだとボタンとか押しにくかったり、左右にスワイプしないと見れなかったりしますよね?あの部分を解消してくれてるのが「レスポンシブWebデザイン」なんですね♪

前に紹介させていただいたグーペなんかはレスポンシブ対応のテンプレートがそろっていてユーザー目線のサービスを提供されていますね♪

企業の紹介などでサイトを管理されてる企業さんなどはあまり必要ないものでもありします(ただ最近はスマホで見にくいサイトというのは、一瞬で立ち去られる時代ですのでお気を付けください)。

冒頭でも書きましたが、最近のインターネットはスマホやタブレット端末からの閲覧が増えています。実際にアクセス解析を見てみても平均して50〜60%はスマホ&タブレットからの閲覧になっています。こうなってくると「レスポンシブWebデザイン」を採用さざるをえなくなってくるのもわかる気がします。

サイトを作る仕事をさせていただいている立場からすると、間違いなくオススメすることになる「レスポンシブWebデザイン」ですが、一から作り上げる訳ではありませんので今管理されているサイトをレスポンシブに対応させてみようと思っておられる方いらっしゃいましたらまたご連絡くださいね♪

 

 

 

【カテゴリ:便利なサイト紹介】

うらやましいね!Adobeクリエイティブクラウドが月額1,980円!!

サイトを自動でアフィリエイト化できる「Linkplaza」を使ってみました♪

月額1000円で始めるホームページ「グーペ」を使ってみました♪

専業主婦の皆様も簡単にチャレンジできます♪自宅でできる「クラウドソーシング」

お店の販促ツールに♪「LINE@」に期待大!

 

 

この記事を書いた人

YDO
YDOグラフィックデザイナー

2013年山﨑デザイン事務所を開業。仕事場に入る時はだいたい自家製珈琲とミネラルウォーターを持参します。Adobe Photoshop、Illustrator、AfterEffectsなどのグラフィックソフトを中心に商用デザインを制作しています。最近はイラスト制作の時間が増えています。
【趣味】アウトドア、DIY、園芸、掃除、三児の父親

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

follow us in feedly