なるほど、現実世界の交友関係の平均構成について勉強してみる。

By YDO, 2015年9月2日


仕事柄いろんなWEBサービスを勉強する毎日ですが、「Facebook」について少し調べていると役に立ちそうなデータが載っていたのでアップしておきたいと思います。

私の読んだ本は、現場のプロがやさしく書いたFacebookマーケティングの…という本で

現実世界の交友関係の平均構成について(以下抜粋)

  • 5人:家族親友などアドバイスをくれたり、困ったときに助けてくれる最も大切な人
  • 15人:社会学で「シンパシー・グループ」と呼ばれる、居なくなると喪失感を感じる人
  • 50人:近況を把握している程度に交流している人
  • 150人:心理学的に脳の限界だとされる、いわゆるダンバー数
  • 500人:「Weak Ties(弱いつながり)」と呼ばれる、会ったことがあってもそれほど親しくない人。人生ではもっと多くの人と出会うかもしれないが、名前で個人を認識できるのは500人程度が限界

といった記事がありました。よくFacebookの友達が1000人超えていたりする人を見かけますが、この人たちのタイムラインはどうなっていてどういうお付き合いをしてるんだろう?って思ってたのでこの記事をみるとだいたい察しがつきますね(^^;

またFacebookの内部データによると平均的な友達の人数は160人(?)らしく、コメントしたりいいねしたりメッセージを送るなどの日常的な交流をしている相手は、週に平均4人、月で見ても6人ほどだそうです。

なるほど、こういった背景が見えてくるとFacebookの独特な世界観も自然に受入れられそうな気分になってきました(笑)

 

 

【YDOのWEBSHOP】

umaオリジナルTシャツが作れます!

「YDOのWEBSHOP」では、デザインTシャツやオリジナルアクセサリー、その時折でおもしろそうなモノを不定期で販売してまいりたいと思います(笑)

あくまでもデザイン事務所が本業なので、デザイン業で手がうまっている時は更新されませんがどうぞご贔屓によろしくお願いいたしますm(__)m

無料でネットショップがはじめられるBASE

【バナーサンプル制作】

【こんな記事も書いてます】

【WEB制作についても書いてます】

【Photoshopについても書いてます】

この記事を書いた人

YDO
YDOグラフィックデザイナー
2013年山﨑デザイン事務所を開業。仕事場に入る時はだいたい自家製珈琲とミネラルウォーターを持参します。Adobe Photoshop、Illustrator、AfterEffectsなどのグラフィックソフトを中心に商用デザインを制作しています。最近はイラスト制作の時間が増えています。
【趣味】アウトドア、DIY、園芸、掃除、三児の父親

スポンサーリンク

スポンサーリンク

follow us in feedly