PhotoshopとIllustratorでQRコードを簡単にベクター化する方法

By YDO, 2015年9月16日


QRコードを作るソフトは無料でもたくさんでてるんですけど、ほとんどがビットマップデータでの書き出しなので印刷物に使用する時に解像度がもたないことがあるんですよね(・o・)

そんな時に簡単にベクター化できる方法があるのでアップしておきたいと思います♪

まずはQRコードを作成します。※「QRコード作成」で検索するとフリーで作れるサイトがたくさんでてきます。QR ydo

今回は「ydo.link」のQRコードを使っていますが、画像が用意できたらPhotoshopで開きます。開いたら「選択範囲→色域指定」で黒い部分を選択します。qr bec 2※許容量は200にしておきます。

qr bec 3

そうするとこんな感じで黒い部分が選択されます。次にこの選択した部分の作業用パスをとります。

qr bec

※許容値は0.5に設定します。

qr bec 5

これで黒い部分の作業用パスがとれました♪あとはこのパスをIllustratorに書き出します。

qr bec 6

「ファイル→書き出し→Illustratorへのパス書き出し」で.aiデータが作成されます。

書き出す時は「名称未設定」ファイルになっています。適当な名前をつけて開いてみましょう♪

qr bec 7

Illustratorで開いたデータを選択してみるとこんな感じになっているはずです。このままでは色がついていないので見えないですね。ここまでくると後は好きな色をつけるだけなのですが、

qr bec 8

そのまま色をつけると上記画像のように角の大きい四角形の部分が塗りつぶされてしまいますので、コード全体を選択してパスファインダーの「中マド」処理をしておきます。

qr bec 9

そうするとキレイに白抜きされてコードのベクター化の完成です!

qr bec 11

こんなかんじでどこまで大きくしてもドットがでませんね♪印刷物のデータはベクター化が大切ですね(^J^)

qr bec 10

 

 

その他の記事も書いてますのでお時間ございましたらどうぞお読みください♪

【バナーサンプル制作】

【こんな記事も書いてます】

【WEB制作についても書いてます】

【Photoshopについても書いてます】

この記事を書いた人

YDO
YDOグラフィックデザイナー

2013年山﨑デザイン事務所を開業。仕事場に入る時はだいたい自家製珈琲とミネラルウォーターを持参します。Adobe Photoshop、Illustrator、AfterEffectsなどのグラフィックソフトを中心に商用デザインを制作しています。最近はイラスト制作の時間が増えています。
【趣味】アウトドア、DIY、園芸、掃除、三児の父親

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

follow us in feedly